語呂合わせで生物基礎と化学基礎

生物基礎と化学基礎に関する語呂合わせブログです。語呂合わせ・覚えやすいフレーズ・ちょっとしたコツなどをまとめています。生物基礎や化学基礎が苦手な高校生や既卒生、大学受験生向けです。

【生物基礎】 硝化菌のはたらきと脱窒素の語呂合わせ 生態系と物質・エネルギーの移動より

覚え方・暗記法に悩む、

高校生や既卒生、大学受験生向けの語呂合わせブログです。

 

「理科が苦手で、暗記も嫌い」という人でも

ちょっと楽しくなるような語呂合わせを作りました。 

 

生物基礎と化学基礎に関する、

語呂合わせ・暗記しやすいフレーズ・ちょっとしたコツなどを

ほぼ全分野でまとめています。

計算問題は入れていません。 

 

 

では、今日のゴロです。

 

 

痛いが、所の兄もIN

消火器もって、

あっと、消火

 

近所の火事を消した兄。大活躍。

遺体・排出物を

類がアンモニウムイオンに分解。

硝化菌の働きで、

アンモニウムイオン硝酸イオン→酸イオン。

 

 

脱出したぞ。

書斎から空中へ

窓からジャンプ。

脱窒素は、

脱窒素細菌の働きで

硝酸イオンから

窒素が空気中に放出。

脱窒素(脱窒)は

酸素不足な場所で行われる。

 

 

 

動画もあります。


www.youtube.com

 

 

 

計算分野は動画を参考に。

 


尿の計算問題① 濃縮率の計算方法 イヌリンの使い方 原尿量の求め方 再吸収された尿素の量の求め方 腎臓の語呂合わせは概要欄へ 生物基礎