語呂合わせで生物基礎と化学基礎

生物基礎と化学基礎に関する語呂合わせブログです。語呂合わせ・覚えやすいフレーズ・ちょっとしたコツなどをまとめています。生物基礎や化学基礎が苦手な高校生や既卒生、大学受験生向けです。

【生物基礎】 糸球体・ボーマンのうなど尿形成の語呂合わせ 腎臓より

覚え方・暗記法に悩む、

高校生や既卒生、大学受験生向けの語呂合わせブログです。

 

「理科が苦手で、暗記も嫌い」という人でも

ちょっと楽しくなるような語呂合わせを作りました。 

 

生物基礎と化学基礎に関する、

語呂合わせ・暗記しやすいフレーズ・ちょっとしたコツなどを

ほぼ全分野でまとめています。

計算問題は入れていません。

 

 

今日のゴロです。

 

いて、、ろ過。

に押されて、っぱへ。

集合。再吸収。うにょ!  

変な球、踏んだ!

脈からの血液は

体を通る間にろ過される。

ボーマンのうにこし出されて

尿になる。

尿集合管を通る間に

毛細血管で再吸収。

に送られたのが尿うにょ!

 

血球・タンパク質は、

ボーマンのうへ、ろ過されない。

よって、

原尿中の血球・タンパク質の濃度は、

基本的には0%。

 

グルコース・水・無機塩類はろ過される。

ろ過される物質の原尿中の濃度は、

血しょう中の濃度と等しい。

グルコースはすべて再吸収されるので

尿では基本的には0%。

 

イヌリンは

ろ過はされるが

全く再吸収されない物質として用いられる。

イヌリンの尿中の濃度が

血しょう中の濃度の120倍(濃縮率)なら、

原尿の量は、尿量の120倍。

 

 

 

腎臓まとめ動画はこちらです。


腎小体と腎単位の違いは? 原尿と尿の違いは? はたらくホルモンは、バソプレシンと鉱質コルチコイド 腎臓の語呂合わせ ゴロ生物基礎

 

 


尿の計算問題① 濃縮率の計算方法 イヌリンの使い方 原尿量の求め方 再吸収された尿素の量の求め方 腎臓の語呂合わせは概要欄へ 生物基礎