語呂合わせで生物基礎と化学基礎

生物基礎と化学基礎に関する語呂合わせブログです。語呂合わせ・覚えやすいフレーズ・ちょっとしたコツなどをまとめています。生物基礎や化学基礎が苦手な高校生や既卒生、大学受験生向けです。

【生物基礎】 tRNAのtは、トランスファー(運ぶ)のt. 翻訳に関するフレーズ タンパク質の合成より

覚え方・暗記法に悩む、

高校生や既卒生、大学受験生向けの語呂合わせブログです。

 

「理科が苦手で、暗記も嫌い」という人でも

ちょっと楽しくなるような語呂合わせを作りました。 

 

生物基礎と化学基礎に関する、

語呂合わせ・暗記しやすいフレーズ・ちょっとしたコツなどを

ほぼ全分野でまとめています。

計算問題は入れていません。

 

 

今日のフレーズです。

 

tRNAのtは、トランスファー(運ぶ)のt. 

翻訳は、

mRNAからタンパク質が合成される過程。

 

mRNAのコドンに対応したtRNAが、

特定のアミノ酸を結合して運んでくる

 

コドンに対応する

tRNAの塩基3つがアンチコドン。

 

アミノ酸どうしが結合してタンパク質ができる。

生物・化学まで必要な方へ。

アミノ酸間の結合は、ペプチド結合。

アミノ基とカルボキシ基から水が取れます。

 

セントラルドグマは、

DNA→mRNA→タンパク質という

一方向の流れのこと。

場所ではないです。

 

パフは、

ショウジョウバエやユスリカのだ腺染色体にある、

mRNAが活発に合成されているふくらみ。

パフっとしたふくらみです。

 

 

 

動画で解説している分野もあります。


ヒトの遺伝子数・塩基対数・タンパク質数・染色体数の覚え方・語呂合わせ 遺伝子 ゴロ生物基礎・生物